カホンの楽譜

カホンに楽譜ってあるの?初心者でも簡単!カホンリズム譜の読み方

投稿日:

カホンには楽譜がある!

ピアノやギター、ドラムにも楽譜があるように、カホンにも楽譜が存在します。

リズムを楽譜に書き起こすことによって、その場だけのリズムとして忘れてしまうことなく、後から思い返すことができて引き出しが多くなるので、可能な限り楽譜として書き起こしておくことがおすすめです♪

カホンの楽譜は至ってシンプルな作りなので音の長ささえ理解できていれば誰でもすぐに読めるし、書けるようになりますよ!
カホンの楽譜は簡単に書くと3種類しかない!
カホンには大きく分けると「高い音」と「低い音」の2種類しかありません。
なので、それを楽譜に書くとこんな感じです!

長い棒…低い音
短い棒…高い音
短い棒に×…タッチ(高い音を小さく叩く)

基本的にはこの3種類だけです!

どんなに難しく書こうと思っても、高音と低音の2つしか音がないので、これ以上難しく書けません!

あとはこの3種類を組み合わせて、音の長さや休符の長さを変えていくだけでリズム譜が完成します。
ピアノの楽譜やドラムのリズム譜に比べるとかなり簡単です!
なんだかできそうな気がしてきませんか~?

まとめ

カホンの楽譜といっても、特別なことはありません!
「短い棒=高い音」「長い棒=低い音」この2つさえ覚えておけば簡単に理解できます。
あとは小学校・中学校で習ってきたような音の長さや休符の長さ・記号を知っていればOKです。

※奏者によって表記方法が異なる場合があります。
私が今まで受けたレッスンや複数の教則本を見てきた経験から考えても、この表記が一番多くて、一番わかりやすい!
これからカホンを始めるの方はこの表記で覚えるのがおすすめです^^♪

The following two tabs change content below.
mm
手作りカホンのお店PANDA music(パンダ・ミュージック)を運営しています。 ドライバー1本で作れる「カホン組立キット」の販売や、大阪を中心にカホンワークショップ、カホン教室の運営を行っています。 これからカホンを始めたい!と考えている方の始めの一歩をサポートしています。

-カホンの楽譜

Copyright© カホン学習帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.