カホンの楽譜

【2:音符と休符を再確認!】カホンの楽譜が読めるようになる!

投稿日:

カホンの楽譜はとーーーってもシンプルです!
ただし!
いくらシンプルいっても最低限の知識は必要です。
小学校や中学校の音楽の授業で習った事を思い出せばそんなに難しい話ではありません!

今後、このブログでも楽譜が登場する事があると思いますので、
その時に知っておいてもらえると嬉しい!
という知識だけ厳選して紹介します。

第二弾は音の長さについて

打楽器は音の点と点を繋いでリズムを作ります。
「音の長さ」というより、「音と音の間の長」と言った方がイメージできるかもしれません。
音と音の間がどれくらいの長さなのかを知らないと、次はどのタイミングでカホンを鳴らさなければいいかわからなくなってしまいます。

音と音の間の長さを表す記号を「音符」「休符」といいます。

「音符」の長さについて

音符とは、「どれくらいの間音を出しているか」を表した記号です。

音符は「4分音符」を基準に考えます。
「4分音符=1拍」と考えて、そこから音の長さによって、数字が減ったり増えたり変化します。

4分音符半分で「8分音符=1/2拍分」
8分音符は1拍の間に2回音を鳴らします。

8分音符の半分で「16分音符=1/4拍分」
16分音符は1拍の間に4回音を鳴らします。

休符の長さについて

休符とは、どれくらいの長さ音を出さないか?を表した記号です。
考え方は音符と同じで、「4分休符=1拍」が基準とり
ます。「音符」が「休符」に変わるだけです。

8分休符は4分休符の1/2個分なので、1拍で2つ分。

16分休符は4分音符の1/4個分なので、1拍で4つ分。
となります。

まとめ

いきなりたくさんの音符と休符を書きました。
すごく音楽ブログっぽくなっていますが!!笑

音の長さと言われても、あまりイメージできていないかもしれません。実際曲に出てきたり、音を聞いて覚えると、理解も深まってきますので、今は深く考えなくて大丈夫です。
あまり見慣れていない方は全部一度に覚えられないかもしれませんので、良く出てくる音符と休符を下記にまとめました!


ひとまずはこの6種類を覚えておくとスムーズに練習できるようになります^^!

これ以外は、曲の中で登場したときに「どうだったかな?」と見直して貰えればOKです♪
少しずつ覚えて、カホンの楽譜が読めるようになりましょう^^♪

The following two tabs change content below.
mm
手作りカホンのお店PANDA music(パンダ・ミュージック)を運営しています。 ドライバー1本で作れる「カホン組立キット」の販売や、大阪を中心にカホンワークショップ、カホン教室の運営を行っています。 これからカホンを始めたい!と考えている方の始めの一歩をサポートしています。

-カホンの楽譜

Copyright© カホン学習帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.