キット購入者向け カホンの演奏方法 8ビート

カホン【基本の8ビート】その①

更新日:

前回は8ビートとは何か?8ビートをどんな時に演奏するのか?についてご説明しました。

この記事では、基本の8ビートその①をご紹介します!

 

基本の8ビート1

今回紹介する中で一番シンプルなリズムパターンです。

楽譜で書くと↓↓

「ドッチ タッチ ドッチ タッチ」という音になります。
演奏する時の手順は、右手(R)からスタートして、基本は左右交互に演奏します。
右手…R
左手…L

ポイント

音のボリュームが一定になるように演奏しましょう!

特に難しいのが小さい音!
小さい音はドラムセットでいうとハイハットの様な役割があります。リズムの合間を取るのにとても重要な音です。
大きく叩きすぎず、でもしっかりと優しく小さな音を演奏しましょう。
「鳴っているか?、鳴っていなか?、でもよく聴くとちゃんと鳴っている!」くらいが理想です。

 

1拍目をしっかり意識して演奏しましょう!

同じリズムが繰り返すパターンなので、ずっと演奏していると、何回演奏しているか見失ってしまうことがあります。
しっかり1拍目、2拍目、3拍目、4拍目を意識して演奏できるようになりましょう!

と、言われても最初は難しいと思うので…
「1と2と3と4と」と数えながら演奏してみてください。
慣れてくると感覚で1拍目が感じれるようになりますよ^^!

 

まとめ

8ビートでは、音をしっかり鳴らして演奏することも重要ですが、小さい音をいかに小さく、でも聴こえるように演奏できるかがポイントになります。
音のボリュームを自在にコントロールできるよになれば、メリハリがありカッコイイ演奏ができるようになりますよ!

メリハリを付けながら、拍数を意識できるようになればGood!です!

 

最初は練習あるのみ!
誰でも最初から上手にできる人はいません!
まずは手を動かして、繰り返し演奏してみてください♪

The following two tabs change content below.
mm
手作りカホンのお店PANDA music(パンダ・ミュージック)を運営しています。 ドライバー1本で作れる「カホン組立キット」の販売や、大阪を中心にカホンワークショップ、カホン教室の運営を行っています。 これからカホンを始めたい!と考えている方の始めの一歩をサポートしています。

-キット購入者向け, カホンの演奏方法, 8ビート

Copyright© カホン学習帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.