キット購入者向け カホンの演奏方法 8ビート

カホン【基本の8ビート】4種類まとめ

投稿日:

カホンで最初に演奏できるようになりたい、基本の8ビートを4種類紹介しました。

1つずつポイントとなる所、つまずきやすい所を、解説してきました。
間違えずに叩き分けることができましたか?

今日は総復習を兼ねて、4つの8ビートをもう一度おさらいしていきます。

カホンで叩く4つの8ビート

8ビート①

8ビート②

8ビート③

8ビート④

演奏のポイント

小さな音を小さく叩く

小さな音は、ドラムセットでいうハイハットの様な役割を果たします。
リズムをキープするため、音にメリハリを付けるためにとても重要です。
「優しく、小さく、でもちゃんと鳴っている」を目指しましょう。

音のボリュームを均一に叩く

カホンは低音と高音を叩き分けて音楽を奏でる楽器です。
聴こえる音はとてもシンプルです。
シンプルだからこそ、音のボリュームがとても大切です。

同じリズムパターンでも、音のボリュームが均一ではなかったら、叩く度に微妙に違うフレーズに聴こえてしまいます。
なので、できるだけ音のボリュームは均一にするために、叩く場所、力加減が同じになるように気を付けましょう!

特に小さい音は、ボリュームが大きくなりやすいので、しっかり、小さい音を均一のボリュームで演奏できるようになりましょう。

 

まとめ

まずは、耳で聞いて音を覚えて、手順を確認しながら、ゆっくりのテンポで演奏できるようになりましょう!

最初は誰だって上手く演奏できません。
繰り返し練習していくうちに、リズムパターンを身体が覚えてくれます!
段々と演奏時の手の形、叩く場所も安定してきます!
まだまだできていないから...と言って同じリズムを繰り返し練習するより、どんどん次のリズムに挑戦して、楽しみながら身に付けていきましょう!

The following two tabs change content below.
mm
手作りカホンのお店PANDA music(パンダ・ミュージック)を運営しています。 ドライバー1本で作れる「カホン組立キット」の販売や、大阪を中心にカホンワークショップ、カホン教室の運営を行っています。 これからカホンを始めたい!と考えている方の始めの一歩をサポートしています。

-キット購入者向け, カホンの演奏方法, 8ビート

Copyright© カホン学習帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.