カホンの演奏方法 カホン練習メニュー

【練習メニュー1-4】正しい叩き方を身に付ける

カホンの演奏方法

第1回2回3回と正しい叩き方を身に付けるための練習メニューをご紹介してきました。今日はこのシリーズ最後の練習です。

最後と言っても、これが終わったら「正しい叩き方を意識しなくて良くなる」わけではなく、この4回を通して意識する習慣をつけていこう!ということです。
過去3回分をちゃんと取り組んでくださっている方は、結構意識する習慣・心の余裕が出てきているのではないでしょうかー!?

今日明日で身に付くことではない!

意識し続けることで、そのうち…

  • 気付いたら正しい叩き方で良い音が鳴る確率が上がってる!
  • 1曲通して音の粒を意識して演奏できた!
  • 意識するの忘れてても音の粒が揃って、良い音がいつでも鳴らせるようになった!

と感じられるようになってきます。

練習あるのみです。

スポンサーリンク

練習の目的

今日は「正しい叩き方を身に付ける練習」最後のメニューです。

低音と高音が混ざったリズムかつ、4分音符と8分音符が混在している。いわば1~3回の総集編てきなリズムパターンです。

  • 4分音符から8分音符に変わるタイミング
  • 高低音が入れ替わるタイミング

で、焦らずに「正しい叩き方」を意識することが目的です。

今日の練習メニュー

練習の流れ

メトロノームに合わせて練習パターンを繰り返し演奏します。
テンポが5ずつ上がった音源を用意しましたので、これに合わせて練習してもらえばOKです。

メトロノームで練習できる方はそっちの方がGoodです♪
下記音源はWEBからの再生なので環境によって遅延がおきたりするので…^^;

下の音源は4カウント入ってからスタートです。
練習パターンを10回繰り返した音源が流れます。
4分音符から8分音符に変わる所のテンポ感の把握に役立ててください♪

①テンポ60で練習パターンを10セット

②テンポ65で練習パターンを10セット

③テンポ70で練習パターンを10セット

④テンポ75で練習パターンを10セット

⑤テンポ80で練習パターンを10セット

練習のポイント

高低の移動も多くなって、4分音符・8分音符の入れ替えも多い。
1~3回に比べたら各段にレベルがアップしたリズムパターンです。

実はこの高低移動もテンポ感の入れ替わりも、曲を演奏すると沢山登場してきます。
総集編みたいなリズムパターンの練習ですが、実践にも役立ってくるポイントが沢山詰まっています。
というか詰込みました。こうなる様に仕組んでいます。

だから、焦らず・じっくり・しっかり意識して、今日の練習メニューにも取り組んでくださいね♪

ポイント1

正しい叩き方で音の粒を意識できましたか?

1音1音を大切に演奏する意識を常に持つためには、心の余裕が大切です。
簡単なリズムパターンだからこそ、意識を音の粒に集中させてください!

ポイント2

高低移動はスムーズにできましたか?

移動のタイミングは音の粒が乱れやすいです。
手を上下に動かすという慣れない動作の中でも、ゆっくりのテンポでしっかりと「正しい叩き方」を意識していきましょう!

ポイント3

4分音符から8分音符の変わり目で焦っていませんか?

テンポ感が倍の速さになるので、どうしても気持ちが焦ってしまいがち。
気持ちが焦ると、意識が分散してしまいます。
心の中では常に8分音符を意識しながら4分音符も叩くようにすると、焦らずに演奏できますよ♪

タイトルとURLをコピーしました