目的別カホン練習メニューカホンの演奏方法曲を演奏する(楽譜あり)カホンの楽譜

【カホンの楽譜】読み方解説|初心者でも簡単に読めるカホンリズム譜

カホン楽譜読み方書き方 目的別カホン練習メニュー

こんにちは、講師のかずねです!

カホンにも楽譜があるのをご存知でしょうか?

世の中にはたくさんの楽器が存在し、それぞれに楽譜があります。
楽譜と言うと学校の音楽の授業で出てきた五線譜が一般的ですよね。

今回の記事では、カホンの楽譜と、その読み方を紹介します。

この記事は以下のような人におすすめ!
・カホンの楽譜を見てみたい!
・カホンの楽譜の読み方を知りたい
・楽譜が苦手だけどカホンが演奏したい

カホンと同じ打楽器のドラムは5線譜に書かれています。
ですが、カホンはドラムのようにたくさん叩く場所がないので、1線譜で表すことができてしまいます。

それでは、実際に楽譜を見ていきましょう!

スポンサーリンク

カホンの楽譜は1線譜

では、カホンの楽譜とはどんなものかと言うと
下記のような感じです。

この楽譜はある曲の一部を抜粋しています。

ピアノやドラム譜のように5線譜ではなく1線譜なので、とてもシンプルに見えますよね!
カホンは基本的に3つの音で構成されているので1線譜で十分に楽譜として成り立ちます。

今回はこの楽譜をさらに細分化して、大事な所だけを下記のように1小節にまとめて、楽譜の読み方を説明していきます。

楽譜の一部をさらに抜粋

そもそも音符が読めない!という方はコチラの記事から↓

カホン楽譜の読み方

カホンの楽譜もドラム譜のように五線譜に書くことができますが、1本線だで書けてしまいます。

音符の読み方

まずはこの部分から説明します。
ここは見ての通り音符が記載されています。

この音符の読み方を下の画像にまとめて記載したので、これを参考に説明していきます。

カホンでメインとなる音は3つです。

  1. 低音
  2. 高音
  3. 高音の小さな音

この3つの音を組み合わせることでカホンが演奏できます。
低音・高音・小さな音の鳴らし方については▼コチラの記事を参考にしてください。

さらに装飾音として「シンバル」を入れて曲を演奏することがあります。
シンバルはハンドパーカッション用のシンバルが販売されているので、それがオススメです。

楽譜先頭の4/4って何?

この4/4と書かれている数字は拍子記号と言って「4分の4拍子」と読みます。
いったい何を表しているのかと言うと

1小節の中に4分音符が4つ入るよ。ということを表しています。

「4分の4拍子」は標準的な規格で、世界中の曲で一番使われています。
日本で耳にする曲もほとんどがこの「4分の4拍子」で作られた曲です。

4分音符って何?

4分音符とは一般的な基準となる音符です。
ほとんどの曲が4分音符を基準にして楽譜を書き、テンポを決めます。
メトロノームも、この4分音符の所で「ピッ」と音がなります。

カホンの楽譜には4分音符以外に8分音符・16分音符も頻繁に登場してきます。
それぞれの音符の関係について画像でまとめました。
小学校で習う部分なので今更かもしれませんが、復習に役立てば幸いです。

4分音符が1回なっている間に
・8分音符は2回
・16分音符は4回
音が鳴ります。

ちなみに、8分音符には3種類・16分音符には2種類の書き方があります。
同じ音を鳴らしますが、楽譜を見やすくするために違う書き方をすることがあります。

冒頭に載せた楽譜は、8分音符の3つ目を使用しています。

テンポの表記

この曲の速さを表した数字です。
「テンポ」と読みます。

ンポは4分音符が基準となっていて、
1分間に4分音符が135回鳴る速さで演奏しましょう。
と表記されています。

テンポは「BPM」と表記されることもあります。
意味は同じなので、この場合は「BPM=135」となります。

カホンの楽譜を書くメリット

初心者がカホンの演奏をするときは
絶対に楽譜に書き起こした方が良いです。

楽譜を書いた方が良い理由

・リズムの引き出しが増える
・毎回同じ演奏ができる
・練習メニューが増やせる

リズムの引き出しが増える

同じリズムを繰り返し練習するためには、
やっぱり書いて、目で見て、音を確認して練習する必要があります。

特に初心者のうちは、演奏するリズムが決まっていないと
自然と自分が叩きやすいリズムばかりを演奏してしまいます。

右利きの人は左手をあまり使わないリズムとか
どんな曲にも合うシンプルなリズムばっかりとか

これではいつまでたっても、新しいリズムを演奏できるようになりません。
つまり、リズムの引き出しが増えないのです。

最初はどんなリズムでも曲に合わせることができれば楽しいのですが、
毎回同じリズムで演奏してても段々楽しくくなってきます。
他のリズムを演奏したいなぁ。と思った時に
まず、自分はいつもどんなリズムを演奏していたのかを客観視するためにも
必ず演奏するリズムは楽譜に書き起こしましょう。

これを続けれいれば必ず引き出しが増えてきて
「このリズムはあの曲のこの部分と同じだな!」
「この曲はあの曲のリズムのここを引用しよう」
といった新たな気付きが生まれてくるのです。

毎回同じ演奏ができる

カホンって簡単に演奏できそうなルックスですよね。笑
だから、その場のノリと勢いで演奏している人が本当に多いです。

もちろんその場のノリと勢いでしっかり演奏できているなら全然OKなんですけど。

カホン初心者がバンドで演奏している場合は
「正解がよくわからない状態」になっている事が多いです。

演奏に正解も不正解もないのですが、
カホンは一応メインのリズム隊なので
リズム隊が毎回違う演奏をすると、
他のメンバーが正直演奏しにくいです。
(バンドはリズム隊の演奏を聴いて合わせてるはずなので)

自分が演奏しているリズムを楽譜に書き起こすことができたら
毎回同じ演奏ができるので
安定感のある(観客が安心して聴ける)演奏ができるようになります。

練習メニューが増やせる

楽譜に書き起こすことで、リズムの引き出しが増えていきますが
これまで演奏したリズムの全てを覚えておくのは大変です。

演奏の中で色んな引き出しを引っ張り出してきて自然に演奏するには
そのリズムが自分の中にしっかり染み込んでいないと難しいです。

リズムを自分の中に染み込ませるために、
同じ演奏を繰り返す練習が大切です。

新しいリズムが叩けるようになったら、
それを、毎日の練習の始めに5分間叩き続ける。
みたいな練習を続けると、
それはもう、沢山の練習メニューが生まれてきます。

さらに、基礎練習も追加することで練習メニューが膨大になります!
レベルアップしたい放題です!

カホンって何を練習すればいいの?という疑問からも解消されます。

なぜ世の中にカホンの楽譜が少ないのか。

理由は明確で
ノリと勢いで演奏している人が多いからです。

ドラム経験者なら
ドラムで演奏するリズムをカホンに置き換えて演奏している人が多いです。

楽器未経験者なら
Youtubeの動画を見よう見真似で何となく演奏している人が多いです。

カホンの演奏技術を人に伝える機会がまだ少ない

カホンはまだ歴史が浅い楽器です。
カホンを演奏する人口も増加傾向にあるとは言え、
ドラムに比べるとまだまだ少ない。

だからカホン奏者の皆さんが
誰かに「カホンを教える」という機会が少ないんです。

誰かに伝えるためには
やっぱり「楽譜」という形に書き起こした方が断然伝わりやすい。

でもその機会がないから「楽譜に書き起こす」必要がないんです。

結果的にカホンの楽譜が少ない。という事になります。

まとめ:カホンを楽譜に書き起こすとレベルアップできる

カホンの楽譜を書けるようになるメリットは

  • 演奏に安定感が増す
  • 引き出しを増やせる
  • レベルアップできる!

カホンの楽譜はとってもシンプルなので
音符の長さと書き方さえ分かっていれば
だれでも書き起こすことができます。

書き方のパターンもあるので、それはまた別の記事で解説しますね。

タイトルとURLをコピーしました