カホンの演奏方法 基本のリズム カホン購入者向け

カホン【基本の8ビート】その③

カホンの演奏方法

これまでに、カホンで演奏する8ビートを2つご紹介しました。
今日紹介する8ビートは、曲に合わせて演奏するときに、①②のリズムパターンではしっくり来ない時に使える8ビートです。

スポンサーリンク

基本の8ビート③

楽譜で書くと↓↓

8ビート②では3拍目が右左で低音でしたが、
この8ビートは2拍目の左から、左右で低音を演奏します。

「ドッチ タッド ドッチ タッチ」
という音になります。

カホン練習帳
カホン練習帳
https://cajon-panda.com/2018/04/16/blog-2/
大阪カホン教室が運営する初心者向けレッスンブログ
カホン練習帳
カホン練習帳
https://cajon-panda.com/2018/05/14/blog-8/
大阪カホン教室が運営する初心者向けレッスンブログ

演奏のポイント

8ビート②と混同っしないように!
8ビート②と③は非常に似ているリズムパターンです。
低音の位置を間違わずに演奏できるように気を付けましょう。

最初はゆっくりのテンポから、しっかり手順と音を確認しながら演奏しましょう。

間違わずに演奏できるようになったら、8ビート②と③を交互に演奏できるようになれればgoodです!(少し難易度が高いので、本当に慣れてから挑戦してみてください。)

まとめ

今日紹介した8ビート③は、バラードの曲やゆっくりした曲に使う事が多い(気がする)リズムパターンです。
曲に合わせる時は、8ビート②を演奏してみて、なんだかしっくり来ないな…と思ったときに③の8ビートを演奏してみるとしっくりくる事が多いです。
ぜひ、試してみてください^^

タイトルとURLをコピーしました