目的別カホン練習メニュー キレイな音・フォームで叩く カホンの演奏方法 カホン練習メニュー

カホンが最速で上手くなる!練習で意識するポイント3つ

カホン上手くなるポイント3つ 目的別カホン練習メニュー

こんにちは、講師のかずねです!

カホンの練習は何をすれば上手くなるのかわかならい。と感じたことはありませんか?
カホンは叩けば音が鳴って、子供でもご老人でも簡単に演奏できてしまう。そんな「カホン=簡単」というイメージでカホンを始めた人が多いと思います。

でも。

いざ本格的に取り組んでみると「カホンの演奏はこれで合っているのかな?」と不安になることがあると思います。
実は、私もカホンを始めた頃は不安に思っていました。そして「何となく」で演奏し続けていました。

そんな私がカホン上達の上で絶対に押さえておきたい!というポイントを3つご紹介します。

  1. 正しい叩き方を身に付ける
  2. リズムをキープする
  3. 音の強弱を意識する

この3つのポイントをしっかり意識して練習すれば、各段にレベルアップできます。
1つずつ詳しく解説していきますね。
それではどうぞ!

スポンサーリンク

1:正しい叩き方を身に付ける

どの楽器にも言えることですが、どんな時も正しい叩き方で叩けているのが望ましいです。

と言っても、いきなりは難しいので、まずは、基本の姿勢・演奏方法を常に意識できるようになることを目指しましょう!

正しい姿勢・叩き方の詳細は下記記事を参考にしてください。

基本の姿勢・演奏方法が身に付いていると↓こんなメリットがあります。

どんな曲、どんなリズムでも正しい叩き方ができていると

  • 打点が均一になる
  • 音色が統一される
  • フォームを改善していける

というメリットがあります。
この3つはカホンの音色に大きく関係してきます。

それぞれ詳しく説明していきます。

打点が均一になる

カホンは(というか打楽器は)打点を繋げて音を作っていきます。打点とは、1回叩いて鳴る1音のボリュームを「点」で表した言葉です。

打点が大きかったり、小さかったりすると、音がデコボコに聞こえてしまって、メリハリがなく、ノリの悪い曲になってしまいます。

均一な打点に近づくためには、どんな時も正しい姿勢を意識して演奏できるようになることが重要です。

音色が統一される

同じ音色を何度でも鳴らせることで、聞き心地の良い演奏ができるようになってきます。

同じ音色とは、高音、低音、小さい音、シンバル。それぞれがテンポやリズムに関係なく毎回同じ音で鳴らせる技術のことです。

打点と似ている所がありますが、音色は響き線の鳴り具合や、箱の中の響き具合を統一させることです。

毎回同じ姿勢・演奏方法で演奏することを意識することで、自ずと音色も統一されていきます。

フォームを改善していける

打点と音色の統一をするためにも、正しい演奏方法が身に付いたら、そこから自分の手の形や体格に合った叩き方に修正していく必要があります。

そのとき、修正の良し悪しを計る基準として、打点・音色が判断材料となります。

例えば、右利きの人は左手の力が入りにくいので打点が小さくなりがちです。

そんなときに、左腕の振り下ろし方、肩の位置、手の角度、手の形、力の入れ具合などを、右手と同じ打点・音色が鳴らせるように修正していきます。

これは、打点・音色を統一させる意識を持っていないと違いに気付けないし、改善することもできません。

セルフチェックは難しいですが、動画やボイスレコーダー等で記録して、後から客観的に確認する方法がおすすめです。

正しい姿勢を身につけるには、一朝一夕では難しいので、まずは常に意識することを習慣にする練習からはじめましょう。

2:テンポをキープする

テンポキープの重要性は言わずもがな。

1曲の中でテンポが早くなったり遅くなったりすると、一緒に演奏する仲間は演奏しにくいし、聴き心地も悪い。

私は、だんだんテンポが早くなってしまう演奏を聴いているとハラハラしてしまいます。安心して演奏を聴くことができません。

テンポキープは鍛えれば誰でもそこそこできるようになります。

3:音の強弱を意識する

1曲を通して全く同じ打点の大きさ(ボリューム)で演奏することはまずありえません。
演奏の中には必ず強弱があります。

音に強弱をつけることで、曲に合わせてノリの良いビートが演奏できたり、曲の雰囲気を表現することができます。

音に強弱をつける練習のことをアクセント練習と言います。
弱音の中に強音が浮き出るようなイメージです。

強弱が自在に操れるようになると、表現の幅も広がります。


アクセント練習の詳細は下記記事を参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました