カホンの演奏方法 カホン練習メニュー

カホン・打楽器の基礎練習:チェンジアップ②

カホンの演奏方法

4分音符から32分音符(8連符)まで
テンポ60で演奏したときのイメージ音源です。
ダウンロードもできるので、練習にお使いください。

スポンサーリンク

練習のポイント

チェンジアップ:練習のポイント
  1. ゆっくりのテンポからスタート
  2. 「ことば」を当てはめて叩く
  3. 1個ずつ繰り返し練習する

そもそもチェンジアップって何?という人はコチラの記事を先にどうぞ

①ゆっくりのテンポで

チェンジアップ①に比べて、
音数が非常に多くなっています。

32分音符は16分音符の2倍の速さで手を動かさないと叩けません。
テンポ40で32分音符を叩くということは、
テンポ80で16分音符を叩いているのと同じです。

32分音符(8連符)なんて滅多に出てこないですが、
早いテンポで演奏するには
手の脱力感と、コントロールする技術が必要になります。

これが身に付くと、全体的な音色も良い方向に変わってくるので
あきらめずに練習してみてください。


練習の順番はこちらの記事で詳しく解説しています▼

②ことばを当てはめて叩く

5連符 → あいうえお
6連符 → イチゴミルク
7連符 → アイスクリーム
8連符 → やきにくたべたい

という風に言葉を当てはめましょう!
文字数さえ合っていれば、好きな言葉でOKです。

先ほどの楽譜にあてはめてみると▼

③1個ずつ繰り返し練習する

最初から上手に叩ける人は
ほぼ居ないと思います。

いきなり楽譜通り順番に叩かずに
1つずつ叩けるようになっていきましょう。

  1. 5連符だけ練習
  2. 4分音符~5連符まで練習
  3. 6連符だけ練習
  4. 4分音符~6連符まで練習

といった感じです。

チェンジアップ①はコチラから▼

まとめ:チェンジアップ②は早く手を動かすための練習

チェンジアップ②は
早いテンポでもコントロールして叩けるようになるための練習になります。

早く叩くためには
腕・手首の脱力感とコントロール力がが必要になります。

練習するときに意識するポイントをまとめた記事はコチラ▼です。

4分音符~32分音符までのチェンジアップ・チェンジダウン【楽譜・音源】

最後に、32分音符までのチェンジアップ・チェンジダウンの練習メニューを載せておきますので
チェンジアップができるようになったら
チェンジダウンにも挑戦してみましょう!

チェンジアップ・チェンジダウン32分音符まで
タイトルとURLをコピーしました