カホンで曲演奏できるようになる【3ステップ】

カホン講座

曲の練習は大きく分けると【3ステップ】

曲の練習には、大きく分けると3段階あります。

【ステップ1】ゆっくり手の動きを確認する

【ステップ2】メトロノームに合わせて練習

【ステップ3】曲に合わせて練習

【ステップ1】から順番に練習していくことで、最短で曲を演奏できるようになります!

1つずつ練習方法を詳しく説明していきます。

①ゆっくり手の確認

まずはテンポは気にせず、ゆっくりと楽譜の通りに手を動かしてみましょう。

このとき4つのポイントを確認しながら練習しましょう。

・手順を決める
・音を口で言えるようにする
・手を動かす
・フィルインが来るタイミングを何となく覚える
(曲の構成を把握する)

特にフィルインが来るタイミングの部分は、しっかり手の動きを確認しておきましょう!

※テンポは気にしなくてOKです。
手がしっかり動かせるように練習しましょう。

スムーズに手が動かせるようになってきたら、【ステップ2】へ進みましょう!

②メトロノームに合わせる

原曲を目標のテンポにして、まずはゆっくりのテンポから、メトロノームに合わせて練習しましょう。

メトロノームに合わない所、大きくズレてしまう所は、苦手なポイントなので、その部分だけを抜き取って、【ステップ1】に戻って確認しましょう。

例えば、原曲のテンポが100の場合は、テンポ70くらいから練習しましょう。

目標テンポのメトロノームに合わせる事ができるようになったら、【ステップ3】へ進みましょう!

③曲に合わせる

いよいよ曲に合わせて演奏します!
ぶっちゃけこの練習が一番楽しいです!
曲に合わせて演奏することを楽しむために【ステップ1・2】があります。

いざ、曲に合わせて演奏してみると…
「曲が流れていると慌ててしまう」「メトロノームなら演奏できたのにー!」と悔しい思いをすることもあるでしょう。

上手く演奏できない部分があれば【ステップ1・2】に戻って確認してから、また【ステップ3】に戻ってくればOKです!

一度【ステップ3】までたどり着けば、【ステップ1・2・3】を行ったり来たりしながら、苦手ポイントをクリアしていきましょう!

苦手ポイントは「ゲーム化」しちゃおう!

「ここ苦手なんよね」「もうすぐ苦手な所がくる…(力みがち)」みたいにマイナスな気持ちで挑むと、敵は手強いです。

そこで私は「苦手ポイントをゲーム化」する事をおすすめします。

「苦手ポイントのゲーム化」とは…
苦手な所をボスに見立てて、倒しちゃおう!という意気込みで挑むことです。
ボスを倒すために【ステップ1】【ステップ2】で経験値を積んで、【ステップ3】のボスを倒します。

という気持ちで挑戦してみると、苦手な所の克服が少し楽しくなりませんか?

経験値が足りなくてボスが倒せなかったら、【ステップ1】【ステップ2】に戻って経験値を積み直しましょう。

苦手ポイントをゲーム感覚にしてしまうことで、練習が楽しくなりますよ。

個人的には、苦手ポイントが沢山ある方が「ゲーム化」できる所が増えるので好きです(笑)

やってはイケない練習方法

  • いきなり【ステップ3】の曲に合わせる
  • できない所があるのに【ステップ3】ばかり練習する

これは絶対にダメな練習方法です。

【ステップ2】でメトロノームとズレてしまう所は、曲に合わせても演奏できません。
必ず【ステップ1】に戻って、手の動きを確認し直してから【ステップ2】へ戻ってきましょう。

「何となく」演奏できている感じは、演奏できていません。
1音1音がしっかり鳴らせて、ムダな音や動きもなく、自分の音をしっかり分析できて初めて「演奏できるようになった」と言えます。

できない所があるのに曲にばかり合わせていても、練習の効率が悪いです…。
【ステップ1~3】を行ったり来たりしながら、効率的に練習しましょう!

カホン練習で忘れてはイケないこと

カホンを練習する上で絶対に忘れてはいけないこと、それは…

楽しむこと!!

楽しく演奏するために【ステップ1・2】の練習はとても大切です。

でも【ステップ1・2】ばかりで飽きてしまった時は、できなくても【ステップ3】の曲に合わせて演奏して楽しむことも重要です。

とにかく、楽しむことが一番の上達への近道です。
そのために先述した「苦手ポイントのゲーム化」は非常に有効な練習方法です。

まとめ:練習は楽しむことで最短上達!

今日は曲を効率的に練習する方法を紹介しました。

【ステップ1・2】の練習はとても大切です。
必ずサボらずに練習することで、確実に上達して難しい曲に挑戦できるようになります!

サボりそうになったら「苦手ポイントのゲーム化」や「できなくても曲に合わせる」ことで、楽しみながら練習できる工夫をしましょう。

曲に合わせて演奏出来るようになると、カホンの楽しさが倍増します!

ぜひ今日紹介した【ステップ1~3】を参考に、じっくり練習に取り組んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました